キノコ採りに入山の65歳男性死亡 100メートル崖下で遺体発見

 

 27日午前9時ごろ、金山町の山林で「人が倒れている」と、キノコ採りで入山していた男性から110番通報があった。駆け付けた会津坂下署員が1人の遺体を確認した。

 同署によると、遺体は会津若松市、税理士、男性(65)。遺体は高さ約100メートルの崖下で見つかったという。男性は21日にキノコ採りのため自宅を出た後、帰宅していなかった。家族が24日に遺体が発見された現場付近で男性の車を見つけ、届け出を受けた同署が24日から捜索していた。