スリル満点、線路や橋梁探検楽しむ 会津鉄道「ドキドキ」ツアー

 
線路を歩く参加者

 高さ約65メートルの深沢橋梁(きょうりょう)や、昼も暗い桑原トンネルなどを巡る会津鉄道の「わくわくドキドキ探検隊」ツアーが今月、始まった。線路を歩くこともでき、参加者がスリル満点の探検を楽しんだ。

 新型コロナウイルスの影響で乗客が減少する中、会津鉄道を利用してもらおうと国の観光支援事業「Go To トラベル」に合わせて企画した。

 参加者は会津若松市の西若松駅を出発して同市の芦ノ牧温泉南駅で下車、深沢橋梁や桑原トンネルを探検した。下郷町の湯野上温泉こぼうしの湯・洗心亭で昼食と入浴を楽しみ、疲れた体を癒やした。参加者は「トンネルを歩けて楽しかった」「鉄橋が高くてスリルがあった」と喜んでいた。