牛舎が「全焼」...焼け跡から1遺体を発見 家人の66歳男性か?

 

 27日午後0時50分ごろ、二本松市、酪農業、男性(66)方敷地内の牛舎から出火、鉄骨平屋の牛舎約400平方メートルを全焼した。焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。二本松署によると、66歳男性と連絡がつかないことから、遺体は66歳男性とみて身元の確認を急いでいる。

 安達地方消防本部によると、近所の男性から「爆発音がして、隣の家から炎と煙が上がっている」と通報があった。

 66歳男性は3人暮らしで、家の中にいた2人にけがはなかった。牛舎で7頭の牛を飼育していたという。同署などが原因を調べている。