ふかふか「落ち葉プール」 福島・あづま運動公園にお目見え

 
ふかふかの落ち葉プールで歓声を上げる園児=28日午前、福島市・あづま総合運動公園

 福島市のあづま総合運動公園に、ことしも園内の落ち葉を集めた「公園の落ち葉プール」がお目見えした。県都市公園・緑化協会が28日、幼稚園児を招いてプール開きを行った。

 福島愛隣幼稚園の年長児約50人が訪れ、園児の代表がセレモニーでプールに落ち葉を入れた。その後、子どもたちが高さ約50センチまで落ち葉がためられたプールに入ってカラーボールを探すなど楽しんだ。

 園児(6)は「落ち葉がふわふわしていて楽しかった。また入りたい」と声を弾ませた。

 落ち葉プールは2003(平成15)年に始まったが、原発事故に伴い一時休止となり、昨年に再開された。

 期間は11月15日(11月4、10日は休園日)までで時間は午前9時~午後4時。屋内プール入り口付近に設置されており、未就学の子どもが対象となる。感染予防対策を講じるという。