「赤べこ型」集配車の使用開始 会津若松郵便局

 
フロントやサイドにシールを貼り付け赤べこ型に仕上げた集配車

 会津若松市の会津若松郵便局は29日、フロントやサイドにシールを貼り付け赤べこ型に仕上げた集配車の使用を始めた。

 2021年用寄付金付絵入り年賀はがき全国版の通信面(裏面)に同市出身の切手デザイナー中丸ひとみさんが描いた「梅と赤べこ」のデザインが採用されたことから、年賀はがきの発売に合わせて開始した。

 サイドには「今年の年賀はがきは会津の『赤べこ』だ!」の文字が入っており、疫病退散の御利益もあるとされる赤べこを発信しようとの意気込みを感じさせるデザイン。評判が良ければ、さらに2、3台増やして年賀はがきと赤べこをPRするという。