コロナ影響の起業家支援 5年以内の事業者に県が最大30万円

 

 県は、新型コロナウイルス感染症で影響を受けた創業5年以内の事業者の支援を強化する。販路の拡大や事業計画の再構築といった取り組みに最大30万円を補助し、成長途上で支障が出た事業者の業績回復と経営の安定化を図る。11月20日まで希望者を募っている。

 「スタートアップ起業家緊急支援事業」と銘打ち、9月補正予算で関連経費4600万円を確保した。事業は2本柱で、イベント出展や市場のテスト販売、新サービスの開発などに最大30万円、割引キャンペーンの展開や宣伝用のグッズ製作、サービスの向上に向けた取り組みなどに最大10万円を補助する。

 2015(平成27)年10月~今年9月に創業した県内の中小企業、小規模事業者などで、今年4月から半年間の売り上げがコロナ禍前よりも減少したことが条件。創業1年未満の場合は売り上げにかかわらず申請できる。

 創業に関する県の情報サイト「ビズスタふくしま」で詳細を確認できる。問い合わせは県スタートアップ起業家緊急支援補助金ヘルプデスク(フリーダイヤル0120・2940・88)へ。