70周年祝う3色キラキラ いわき市医療センター、11月4日まで

 
ライトアップが行われている市医療センター。左からピンク、黄、赤の3色

 いわき市医療センターは11月1日で、前身の総合磐城共立病院から数え70周年を迎える。29日から、同センターで創立記念のライトアップを行っている。11月4日まで。期間中の午後6時~同9時、同センターのシンボルマークに使用されている赤、黄、ピンクの3色で外壁を照らしている。20~30秒ごとに色が変わる。

 総合磐城共立病院は1950(昭和25)年に旧平市と石城郡29町村の組合立病院として発足。市町村合併が行われた66年にいわき市に移管された。老朽化により同センターが2018(平成30)年12月に整備された。旧病院は取り壊され、跡地は駐車場として利用される。

 整備中の駐車場は11月1日から一部の使用が開始される。約600台分が駐車できる。総合保健福祉センターの臨時駐車場と、同駐車場と医療センターを結ぶシャトルバスは廃止となる。