会津旅行...スマホ一つ!移動予約や決済一体 JR東日本導入へ

 

 JR東日本は30日、複数の移動手段や観光などの検索、予約、決済を一体で行える観光型「MaaS(マース、次世代型交通サービス)」を会津エリアなど東北6県で導入すると発表した。来年4~9月に展開する大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、スマートフォン一つで旅行が楽しめるサービスの提供を目指す。

 モデルコースを生かした旅行計画の組み立てや、空いた時間に回れる観光施設や体験メニューを勧める機能などを設ける。観光地の周遊では、新たな交通手段として運行を計画している「デマンド交通」や、駅レンタカーをスマホで予約できるようにする。スマホの画面を提示するだけで食事や観光施設の入場などが可能となる「電子チケット」の普及も図る。ウィズコロナに対応する。

キャッシュレス推進 各県のエリアをSuica(スイカ)など交通系電子マネーのキャッシュレス決済を推進する重点地域に位置付け、観光名所や宿泊施設、土産物店、飲食店などで電子マネーが使えるよう、関係事業者と協力して環境を整備する。東北DC終了後はサービスを向上させ、東北全域に広げる。

 JR東と東北DCキャンペーン推進協議会が30日、仙台市で記者会見し、東北DCに向けた取り組みを発表した。期間中は東北経済産業局や各県商工会議所連合会と連携して東北全域でキャッシュレス化を推進。クレジットカード会社や金融機関とも協力し、観光・宿泊施設や商店街、タクシーなどを中心に導入を加速させる。

 経済産業省によると政府が昨年10月の消費増税後に展開したキャッシュレス決済のポイント還元事業で、本県は人口1000人当たりの登録加盟店が全国ワースト7位の7.3店舗と、全国平均の9.1店舗を下回った。