男性職員が「1300万円」着服 ひまわり信金、顧客の定期解約金

 

 いわき市のひまわり信用金庫は2日、同信金の男性職員(29)が顧客の定期預金や定期積金の解約金約1300万円を着服し、個人情報が入った預金通帳などを破棄していたと発表した。

 同信金によると、男性の親族が弁済の意思を示しており、刑事告訴の有無を今後検討する。男性は自宅謹慎中で、今後懲戒処分も決定する。通帳などは全て回収されており、個人情報流出の可能性は低いという。同信金は被害の全額を対象の顧客に支払う。

 着服があったのは、勿来、鹿島両支店の顧客7人の定期預金や定期積金の解約金の一部。男性は2017(平成29)年8月~今年9月、解約金の一部を自分の通帳に振り込むなどして計26回にわたり着服した。

 男性は「ゲームなどの遊興費や洋服代に充てた」と着服を認めているという。男性は渉外係として両支店で6年間勤務。また、今年10月13日夜には、着服に関係するものを含む顧客計14人分の預金通帳などをいわき市の公園内に破棄した。「仕事をする気がなくなった」などと話しているという。

 いわき東署から拾得物の連絡を受け、同信金が内部調査していた。男性は同14日から無断欠勤していて、連絡を受けた家族が男性宅を調べた結果、室内から多額の出入金が記帳された男性の預金通帳が見つかった。男性は17日、千葉県柏市にいるところを、行方不明届を受けた警察に発見された。その後、聞き取りに着服を認めた。

 同信金の理事長は2日、同信金本部で記者会見し「被害に遭ったお客さまに心からおわびする。再発防止と信頼回復に全力で努めたい」と陳謝した。