ロープ使って「木登り」挑戦 田村でツリークライミング

 
ツリークライミングを体験する子どもたち

 田村市船引公民館は2日までに、同市の片曽根山森林公園でツリークライミング体験会を開いた。子どもたちが木登りに親しんだ。

 ツリークライミングは、ロープや道具を使って木に登るレクリエーション。環境保護や教育の一環として、国内外で行われている。

 体験会には小学生ら22人が参加。「ツリークライミングクラブどんぐりの芽」から指導を受け、高さ約15メートルのコナラの木に掛けられたロープを使って、少しずつ上を目指した。