「特撮の聖地」須賀川に誕生 模型など展示、文化を継承・発信

 
貴重な特撮関連資料が展示されている須賀川特撮アーカイブセンター

 須賀川市が特撮文化の推進拠点として整備を進めてきた「須賀川特撮アーカイブセンター」が3日、同市柱田字中地前22に開館した。同市出身で"特撮の神様"と称される故円谷英二監督が礎を築いた特撮文化を継承、市内外に広く発信する。

 模型をはじめとする資料を保管、展示する収蔵庫と、資料の修復や調査研究を行う作業室、特撮関連の書籍を集めた図書室などで構成される。収蔵庫には、円谷監督最後の長編「日本海大海戦」(1969年)の撮影で使用された「戦艦三笠」やメカの模型、ウルトラヒーローの人形、撮影用全身スーツの頭部など約1000点を収めており、その一部を観覧できる。

 このほか広さ約20平方メートルのミニチュアセットが置かれ、特撮の魅力を体感できる多目的スペースなども備える。建物は岩瀬農村環境改善センターを改修して整備された。地上2階建てで延べ床面積は約1130平方メートル。整備費用は約2億4800万円。

 市は、資料の破棄や散逸、当時を知る関係者の減少など特撮文化が失われつつあることから、特撮やアニメなどの映像関係者でつくるNPO法人アニメ特撮アーカイブ機構(東京)と共同で整備を進めてきた。

 橋本克也市長があいさつした後、同NPO理事長で映画「シン・ゴジラ」などを手掛けた庵野秀明監督が「思いが形になり感無量。これは第一歩。将来的にはミュージアムとしての機能を担ったり、スタジオを建て、ミニチュアを使って撮影ができるようになれば」と語った。開館時間は午前9時~午後5時。入館無料で火曜日が休館となる。問い合わせは同施設(電話0248・94・5200)へ。