「感染経路特定できず」 郡山、専門学校のクラスターで保健所長

 

 郡山市の国際ビジネス公務員大学校の学生と教員計11人と、福島市の40代男性の合わせて12人が新型コロナウイルスに感染したクラスター(感染者集団)について、郡山市保健所の塚原太郎所長は3日に会見し、「感染経路は特定できていない」と説明した。

 塚原所長は会見で、感染経路として〈1〉学生4人と福島市の40代男性が乗っていたアルバイト先への送迎車〈2〉専門学校の校舎内〈3〉学生2組(4人)が同居していたアパート―が考えられると指摘した。

 同校は、夏休み明けから、オンラインと対面の併用で授業を行っていた。

 今後の授業について「感染リスク回避が見込め次第、段階的に検討する」としている。