ミョウガに赤い実 「15年で初めて」新地の畑で見つかる

 
阿部さんの畑で赤い実を付けたミョウガ

 新地町駒ケ嶺の農業阿部正位さん(78)の畑から赤い実をつけたミョウガが見つかった。地下の茎を通じて繁殖するミョウガが実をつけるのは珍しいといい、阿部さんは「15年ほど前から植えているが、初めて見た」と驚いている。

 阿部さんが実を見つけたのは10月初旬で、20個程度があった。町内に五つの畑を持ち、それぞれに雑草対策でミョウガを植えているが、山中でハーブやオリーブを育てる畑1カ所だけ実がなっていたという。

 阿部さんは「これから毎年、実がなっているか確かめる楽しみができた」と笑顔で話した。