60代男性が左手「クマ」にかまれ負傷 会社脇の通路で襲われる

 

 5日午後6時45分ごろ、喜多方市の会社脇の通路で「男性がクマに左手をかまれて負傷している」と、同社の従業員女性から119番通報があった。喜多方署によると、同市の60代男性が左手をかまれて軽いけがをした。

 同署などによると、男性は同6時40分ごろ、会社の近くで車を降りて歩いている最中に、体長約1メートルのクマに襲われたという。その後、会社に戻ってきた女性がけがした男性を発見して通報した。クマの行方は分かっていない。

 現場は山都中から北に約3.4キロの集落。市は地域住民に注意を呼び掛け、地元区長らが追い払いの花火を打ち上げた。