「こおりやま駅前フェス」開幕!テントやキッチンカー並び活気

 
県内飲食店のテントが並んだJR郡山駅前の通り

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている飲食店を応援しようと、郡山市のJR郡山駅周辺で6日、「こおりやま駅前ストリートフェス」が開幕した。通り沿いに地元飲食店などのテントやキッチンカーが並び、駅前に活気が戻った。7日まで。

 郡山商工会議所青年部、同商議所、市中央商店街振興組合、市大町商店街振興組合などでつくる実行委が主催した。県内から約60の飲食店などが参加。なかまち夢通りと大町通り沿いにテントを並べ、料理や酒を提供した。

 このイベントは国の「Go To商店街」事業に採択されている。会場では、イベントで使える独自の食事券や「Go Toイート」のプレミアム付き食事券も販売し、「Go Toキャンペーン」を効果的に活用して経済活性化につなげられるようにした。

 会場では、テントに飛沫(ひまつ)防止シートを貼ったり、来場者の検温をしたりと感染防止対策を取った。開幕に先立ち、滝田康雄郡山商議所会頭、鴫原和義実行委員会長らがテープカットした。開催時間は午後4時~同8時ごろ。