ワイン「新鶴シャルドネ」福島県限定発売 会津美里産ブドウ使用

 
新酒「シャトー・メルシャン 日本の新酒 新鶴シャルドネ 2020」

 メルシャン(東京都)は、会津美里町新鶴地区で収穫されたワイン用ブドウ「シャルドネ」を100%使用した新酒「シャトー・メルシャン 日本の新酒 新鶴シャルドネ 2020」(白)を発売した。発売は福島県のみで、約千本限定。

 新鶴シャルドネは、シャルドネの個性とおいしさを生かした、フレッシュでフルーティーな味わいのワイン。

 同社によると、今年の新酒は色合いが淡い黄色で「心地よい酸味に豊かな果実感、ミネラル感が楽しめる味わい」に仕上がったという。

 新鶴地区は丘陵地で昼夜の温度差が大きく、ブドウの栽培に適した産地で、酸味と味わいのバランスが取れた良質なブドウが収穫される。

 商品は750ミリリットル入りで、参考価格は2618円。

 問い合わせはメルシャン北日本支社営業企画部(電話022・261・2231)へ。