糖尿病気をつけて...鉄塔に青い光 東北電、県内4カ所ライトアップ

 
糖尿病予防啓発のためブルーにライトアップされた鉄塔=9日午後5時5分ごろ、福島市

 世界糖尿病デー(11月14日)を前に、糖尿病予防を啓発するライトアップが9日、県内の東北電力ネットワークの無線鉄塔3カ所と南相馬市の東北電力原町火発で始まった。12日まで。

 糖尿病予防事業を展開する本県のライオンズクラブ国際協会332―D地区が東北電の協力を得て毎年行っている。期間中は福島、会津若松、いわき各市の無線鉄塔と原町火発の煙突が鮮やかな青に彩られる。点灯時間は無線鉄塔が午後5時~同10時、原町火発煙突が日没から午後9時。

 11月14日は糖尿病治療に必要なインスリンを発見したカナダのフレデリック・バンティング博士の誕生日。シンボルカラーには国連や空を表す青が使われる。