羽生九段が体調不良、竜王戦第4局延期 福島対局は中止

 

 読売新聞社と日本将棋連盟は11日、第33期竜王戦7番勝負第4局の対局を延期すると発表した。このため、12、13の両日、福島市の穴原温泉「吉川屋」で開催予定だった福島対局は中止される。挑戦者・羽生善治九段が発熱し、体調不良を訴えたため。

 11日午後6時から吉川屋で予定していた前夜祭は中止となるが、代わりに豊島将之竜王と同連盟の佐藤康光会長、島朗九段らが参加するトークイベントを開く。

 7番勝負は26、27の両日に鹿児島県指宿市で開催予定の第5局を第4局に変更して続行する。

 羽生九段の発熱の原因は特定に至っていないが、新型コロナウイルスのPCR検査、インフルエンザの検査とも陰性だったという。

 第4局は福島民友新聞社などの共催で、福島民友新聞創刊125周年を記念して開催する予定だった。