コロナ影響...家庭の食支援 郡山・子ども食堂、コメなど提供へ

 
フードパントリーで配る食品ボックスのイメージ

 郡山市の子ども食堂「キッズスタジオPORTA(ポルタ)」は今月と来月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で負担が大きくなった家庭などを対象に、食品を無料で提供する「フードパントリー」を計2回実施する。

 食事面の負担を少しでも減らしてもらおうと実施する。企業から寄せられる支援と各家庭のニーズをマッチさせ、フードロス(食品廃棄)をなくす狙いもある。

 23日と12月6日の2回にわたり、0~18歳の子どもがいる郡山市内の家庭を対象に実施。コメやレトルト食品、飲み物、缶詰などを詰めた3種類のボックス計200個を配る予定。23日は同市中央公民館、12月6日は郡山カルチャーパークで食品ボックスを提供する。時間は両日とも午前11時~午後4時。申し込み、問い合わせはポルタ(電話080・4292・6287)へ。