将棋・竜王戦「福島対局」中止 羽生九段が入院、第4局延期に

 

 読売新聞社と日本将棋連盟は11日、羽生善治九段が発熱で入院したため、福島市の穴原温泉「吉川屋」で12、13の両日に開催予定だった第33期竜王戦7番勝負第4局を延期すると発表した。羽生九段は新型コロナウイルスのPCR検査を受けたが陰性だった。第4局は、鹿児島県指宿市での第5局を繰り上げ、26、27の両日に行われる。「福島対局」は中止となったものの、豊島将之竜王は11日に福島市を訪れ、歓迎の夕べに参加した。

 将棋連盟などによると、羽生九段は京都市の仁和寺で7、8の両日行われた第3局を終え、東京都内の自宅に戻った9日夜に38.9度の発熱があり、病院で受診。10、11の両日に治療などを受けたが、熱が下がりきらず入院したという。

 豊島竜王は11日、福島市の県観光物産館で行われた県産品の贈呈式で果物などを受けた後、吉川屋に向かい、前夜祭に代わって開かれた歓迎の夕べに将棋連盟の佐藤康光会長、島朗九段と共に参加した。

 豊島竜王は第4局の延期について「たくさんの方が楽しみにしていたと思うので残念。体調を崩すことは誰にでもあるので(自身も)気を付けたい」と話し、竜王の初防衛に向け「次の対局から、また頑張っていきたい」と決意を示した。

 第4局は福島民友新聞社などの共催で、福島民友新聞創刊125周年を記念して開催予定だった。延期に伴い13日の大盤解説会などは中止される。対局者の体調不良によるタイトル戦の延期は異例。

 羽生九段「ファンに深くおわび」

 羽生九段は「体調管理の不行き届きで対局延期の事態を招き、関係者の皆さま、多くの将棋ファンの皆さまに多大なご迷惑をお掛けし深くおわび申し上げます。しっかりと療養して一刻も早く万全の態勢で将棋を指せるように最善を尽くします」とのコメントを出した。