牛乳パックで「エコ啓発」 酪王乳業が協力、海洋ごみ削減掲示

 
メッセージが掲示された牛乳パック

 福島民友新聞社や福島中央テレビなどでつくる「ふくしま海ごみ削減プロジェクト実行委員会」は、酪王乳業(郡山市)が販売する1リットル牛乳のパック側面広報欄に海ごみ削減を呼び掛けるメッセージを掲示する。今週末から1週間程度、店頭に並ぶ商品に掲示する予定。

 県民に海ごみ削減の意識を高めてもらおうと、同社の協力を得て展開する。「海洋ごみの8割は街から来ています」と赤い字で書かれているほか、街で捨てられたプラスチックごみが排水溝や川などを伝って海に流れる様子がイラスト付きで説明されている。

 掲示付きの牛乳は県内のスーパーなどで販売される。実行委担当者は「身近なところから海ごみ削減を呼び掛けたい」と話した。実行委は、南相馬市原町区のホテルラフィーヌが販売する弁当でも同様の包装を展開している。