バナナの実、民家の庭先に育つ 二本松、近所の話題に

 
庭先で実を付けたバナナ

 二本松市の三津間卓美さん(71)方で、庭先に植えられたバナナの木が5、6房の実を付けて近隣住民の話題を集めている。

 バナナは、三津間さんが二十数年前に20本ほどを移植した。

 今年は夏から秋にかけて花が咲いて結実し、実が約10センチに生育している。

 住民らは暖かい場所の果物との印象が強いバナナを見て「地球温暖化の影響か」と話しているという。