枝野立民代表「説明なき処理水放出認めず」 漁業者と意見交換

 
立谷組合長から処理水についての要請書を受ける枝野代表(左)=15日午後、相馬市・相馬双葉漁協

 立憲民主党の枝野幸男代表は15日、合流新党の結成後初めて本県入りし、次期衆院選で激戦が予想される福島1区、4区を行脚した。相馬市では、放射性物質トリチウムを含む処理水を巡って漁業者と意見交換し「明確な説明がないままの放出は認められない」と表明、全国的な説明会の開催や風評問題の検証を政府に求める考えを示した。

 相馬双葉漁協の立谷寛治組合長が処理水の海洋放出に反対した上で、慎重な判断を国に求めるよう枝野代表に要請し「消費者が納得できる安全性や風評対策を示すよう働き掛けてほしい」と述べた。

 枝野氏は処理水の安全性や風評対策について検証し、地元を中心に国民全体へ説明する過程が必要だと指摘。「早く処理してほしいという原発立地自治体の思いも重要だが、現時点では決定できるはずがない。海洋放出以外の道も含め説明責任を果たし、丁寧なプロセスで進めるべきだ」とした。

 枝野氏は会津若松市で開かれた党福島4区総支部設立総会に出席したほか、南相馬市で街頭演説した。