最優秀賞に南相馬・佐藤さん輝く ふるさとふくしまフォトコン

 

 第21回ふるさとふくしまフォトコンテスト審査会が16日、福島市の福島民友新聞社で開かれ、最優秀賞に佐藤祐一さん(南相馬市)の「2020年の夜明け」、優秀賞に柏舘健さん(いわき市)の「磐梯の春輝いて」が選ばれた。表彰式は12月5日、福島民友新聞社で行われる予定。

 福島民友新聞社の主催、第一印刷の協賛、読売新聞東京本社福島支局と福島中央テレビの後援。「ふくしまからエールを」をテーマに、福島の自慢したい風景や感動を捉えた作品を募集した。前年より67人多い204人から478点が寄せられた。

 写真家の野口勝宏さんが審査長を務め、古川幸治第一印刷社長、渡辺幸子同社総務部長、小林典子福島中央テレビ福島支社長、菅野芳美福島民友新聞社常務事業局長、中田和宏同社報道部長、矢内靖史同社編集委員・写真映像課長が審査に当たった。