スカイドライブを支援 「空飛ぶ車」開発中、福島ロボテス入居

 

 人を乗せて移動する「空飛ぶ車」を開発中のスカイドライブ(東京都)が、東北経済産業局のスタートアップ支援プログラム「J―Startup TOHOKU」に選ばれた。12日付。

 南相馬市や国からベンチャーキャピタルの紹介やイベントの優先的な招待などを受けることができる。

 経済産業省が世界で活躍可能なベンチャー企業などを支援しようと「J―Startup」と題して2018(平成30)年に開始。南相馬市に開発拠点を持つメルティンMMI(東京都)も選定されている。

 今年7月には地域版として「J―Startup TOHOKU」が始まり、成長性や新規性、海外進出などが見込まれる東北の企業を選定している。

 スカイドライブは福島ロボットテストフィールドに入居している。