新型コロナ、新たに「3人」感染 7日連続、福島県計441人に

 

 県は17日、伊達市に住む70代女性と60代の自営業男性、福島市の40代男性の計3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。いずれも16日に陽性が判明した。県内の感染確認は7日連続で、計441人となった。

 伊達市の女性は15日に感染が確認された同市の80代男性の濃厚接触者。福島市の男性は14日に陽性が判明した同市の70代男性と接触していた。伊達市の男性は陽性者との接触が確認されておらず、感染経路は不明。

 内堀雅雄知事は17日の定例記者会見で「全国的に感染者が増加傾向にある。本県でもクラスター(感染者集団)が発生すれば感染が拡大する可能性があることを強く認識し、感染対策に当たっていく」と述べ、改めて県民に「新しい生活様式」の徹底を呼び掛けた。

 また県は、16日までに6人が退院、1人が宿泊療養施設を退所したとも発表した。入院者は36人で、うち5人が重症となっている。