2週間で16万セット販売 福島県内で「GoToイート」食事券

 

 飲食業界の支援策「Go To イート」で、購入額に25%分を上乗せする県内のプレミアム付き食事券は16日現在で約16万セットが販売された。JTB福島支店などでつくる本県のキャンペーン事務局が18日までに、発売から2週間の状況を集計した。

 第1期は24万セットを用意したが、既に一部の販売店で売り切れた。事務局は12月21日から始まる第2期の24万セットの一部を融通させて第1期で追加販売することも検討している。

 食事券は2日に県内の信用金庫や駅のコンビニ「NewDays(ニューデイズ)」、スーパーのマルト、商工会議所で販売が始まり、現在は道の駅やイオンなどでも取り扱っている。

 食事券が使える県内の食堂やレストラン、居酒屋などの加盟店は18日現在で約2500店舗に増えた。

 販売店と加盟店は「Go To Eat キャンペーンふくしま」のホームページに掲載されている。