「小さなお世話便」第1便発送 白河の特産品、事業者や学生ら支援

 
「小さなお世話便」第1便

 白河商工会議所青年部と同部OB会でつくる「SHIRAKAWA YEG+OB スクラム委員」の事業「小さなお世話便」の第1便として、100人分のセットが発送された。

 同事業は新型コロナウイルスの影響を受けている事業者、アルバイトや帰省ができない学生を支援しようとラーメンやレトルトカレーなど3千円相当の同市の特産品を贈るもの。

 残りの申し込みについても同委員が発送していく。