福島県内4人感染確認 新型コロナ、県職員の運転手10人は陰性

 

 県は19日、福島市の80代男性と50代のパート従業員男性、郡山市に住む50代のパート従業員男性、伊達市の70代女性の計4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。18日に陽性と判明した。伊達市の女性は中等症、ほかの3人は軽症または無症状で入院中。県内の感染確認は9日連続で、計458人となった。

 福島市の80代男性は17日に感染が確認された同市の80代女性の濃厚接触者で、同市のパート従業員男性は14日に陽性と判明した同市の60代男性の接触者。郡山市の男性と伊達市の女性は現時点で陽性者との接触が確認されていない。

 また県は、18日に感染が確認された知事公用車の運転手を務める福島市の50代男性職員について、濃厚接触者となった内堀雅雄知事と40代の男性秘書のほか、県職員の運転手10人についてもPCR検査を行い、全員が陰性だったと明らかにした。運転手のうち2人が濃厚接触者、8人が接触者に当たるという。県は当初、男性職員に発熱の症状が現れたのは14日夜としていたが、13日夜だったと訂正した。

 県は、18日までに2人が退院したとも発表。入院者は48人で、うち5人が重症となっている。