福島県、新たに「男女8人」感染 新型コロナ、いわきなど確認

 

 県は20日、19日判明分としていわき市で3人、福島市と伊達市で各2人、郡山市で1人の計8人の感染を確認したと発表した。無症状または軽症で入院中。

 郡山市の1人は30代男性で、商議所の職員とみられる。16日に咽頭痛の症状があった。陽性者との接触は確認されていないが、2週間以内に県外滞在歴があったという。

 伊達市の2人は70代の会社員男性と40代のパート従業員女性。福島市によると、男性は福島市役所本庁舎に勤務する警備員で、勤務場所は来庁者が出入りしない場所にあり、マスク着用など感染防止対策を取っていたため、来庁者への影響は低いとしている。2人は18日に陽性が判明した伊達市の70代女性の同居家族。福島市の2人は20代男性と50代の無職女性で、女性は知事公用車の運転手を務める50代男性の濃厚接触者。いわき市は30代の会社員女性、50代の無職女性、80代の男性。

 県は、19日までに2人が退院し、1人が宿泊療養施設に入所したとも発表した。入院者は53人で、重症者は1人減り4人となった。