木戸川産「イクラ」オリジナルメニュー!期間限定で夜明け市場

 
期間限定で提供される木戸川産のイクラを使った料理=20日午後、いわき市平・ブラッスリーラギッド

 楢葉町の木戸川産サケから取ったイクラを使った料理を提供する「木戸川いくら祭り」が20日、いわき市平の復興飲食店街「夜明け市場」で始まった。木戸川産イクラをPRし、コロナ禍で客足が落ち込む飲食店を応援する。23日まで。

 震災と原発事故、東日本台風(台風19号)を乗り越えたサケの魅力を伝え、消費拡大につなげようと企画した。夜明け市場の14店が参加し、趣向を凝らしたオリジナルメニューを考案した。

 居酒屋「ブラッスリーラギッド」は、サケのバターソテーの上にしょうゆ漬けの木戸川産イクラをまぶした料理を出している。吉田茂樹店長(36)は「鮮度の良いイクラを楽しんでほしい。多くの人に足を運んでもらえるとうれしい」と話した。

 数量限定で、売り切れ次第終了する。問い合わせは夜明け市場へ。