京都・清水寺が磐梯中にビデオレター 修学旅行断念でメッセージ

 
ビデオレターを視聴する生徒たち

 京都などへの修学旅行を断念した磐梯中3年生に京都市東山区の清水寺からビデオレターが届いた。

 同校は例年、京都・奈良・大阪方面への修学旅行を行い、同寺を訪れていたが、今年は新型コロナウイルスの影響で同方面行きを断念した。寺から「生徒の希望や夢、願いを込めた書をお寺に奉納し、生徒の思い出の一つにしてあげたい」との提案があり、生徒たちは「挑」「夢」「笑」などの思いや願いを書にしたため寺に送った。

 届いたビデオレターでは生徒たちの書が映し出されたほか、清水寺の森清範貫主が生徒たちへの励ましとともに「高僧・徳一が開いた慧日寺と清水寺の関わりから縁深い。その縁を大事にしよう」などとメッセージを送った。生徒らは11日にビデオを視聴した。