夜の森イメージ!いわき駅前『桜色』に彩る 光のさくらまつり

 
JRいわき駅前の樹木を鮮やかに彩るイルミネーション

 いわき市のJRいわき駅前の通りを桜色のイルミネーションで彩る「第9回いわき光のさくらまつり」が5日、始まった。富岡町の夜の森地区の桜並木をイメージした電飾が光り輝き、街中を色鮮やかに照らし出している。来年1月11日まで。

 いわき青年会議所(JC)が東日本大震災の記憶を次代につなごうと毎年繰り広げている。駅前のケヤキ並木に白と桃色の発光ダイオード(LED)約18万個を設置した。同JCの斉藤和治理事長は「希望の光で明るい気持ちになってほしい」と語った。

 時間は午後5~11時。問い合わせは同JC(電話0246・24・0780)へ。