「ウミウ」20年も飛来確認 いわき・照島周辺で観察会

 
ウミウを観察する参加者

 日本野鳥の会いわき支部は6日、いわき市の照島周辺でウミウの観察会を開いた。同支部によると、33羽のウミウを確認したという。

 照島は、渡り鳥ウミウの生息地として知られる国の天然記念物。越冬するウミウを調査しようと毎年開催しており、今回は約20人が参加した。

 参加者は小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブのコースから見える照島に飛来したウミウなどを望遠鏡や双眼鏡をのぞき、じっくりと観察していた。