新型コロナ、6人の感染確認 福島のスナック客や福島医大生ら

 

 県などは9日、県内で新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。8日に3人、9日に3人の陽性が判明した。県内での感染確認は計558人となった。

 9日に判明した3人について性別や年代など詳細は公表されていないが、1人はクラスター(感染者集団)が発生した福島市のスナックの利用客。もう1人は福島医大の学生で、残る1人は郡山市の市立学校に通学している子どもという。

 スナックを起因とする感染者は計34人に拡大した。県は9日、福島市が8日に発表したスナック利用客の感染者2人のうち、同市の70代女性が利用客の接触者だったと訂正した。9日に陽性と判明した1人を含め、スナックのクラスターは従業員8人、利用客12人の計20人となった。

 また9日に発表された8日感染確認の3人のうち、福島市に住む20代の無職男性は濃厚接触者。一方、同市の60代男性と郡山市に住む30代の会社員女性の感染経路は現時点で不明。2人はいずれも2週間以内に県外に滞在したことがあった。

 県は、8日までに6人が退院したとも発表した。入院は63人で、うち重症は5人。1人が宿泊療養中。