平沢復興相ら福島県にエール 福島商議所議員懇話会講演

 
「風評と風化の問題に負けないようにしたい」と述べる平沢復興相

 福島商工会議所の議員懇話会は9日、福島市で開かれ、平沢勝栄復興相(福島高卒)、NHK福島放送局の半沢治久局長(同)が講演した。

 平沢復興相「風評風化に負けない」

 平沢復興相は「風評と風化の問題に負けないようにしたい」と述べ、風化について「福島は地震、津波、原発事故の災害に見舞われた。この教訓をくみ取って、将来繰り返さないようにする必要がある」と強調した。

 中国が本県産などの食品を対象に原発事故以降続けている輸入規制に言及。自民党の二階俊博幹事長と中国の王毅国務委員兼外相が11月25日に都内で会談した際に同席し、規制緩和を働き掛けたことを明かし、「向こうがどんな返事をしたかは言えないことになっている」と話した。

 半沢NHK福島局長「平均視聴率40%驚き」

 NHK福島放送局の半沢局長は同市出身の作曲家古関裕而がモデルで11月下旬に最終回を迎えた朝ドラ「エール」について講演し、「何げなく口ずさんでいる名曲は古関さんが作曲していたことを全国の人に知ってもらえたのでは」と振り返った。

 半沢局長は福島地区の総合視聴率(全120回の平均)が40%超を記録したことに触れ「これは本当にすごい数字」と説明した。

 NHKは年末にエールの総集編を放送する。NHK総合は31日午後2時から。