東北道でひき逃げ、48歳男性が重傷 車衝突の矢印板にぶつかる

 

 10日午後9時45分ごろ、福島市の東北道上り線で、走行中の車が工事を知らせる矢印板に衝突し、矢印板が飛ばされ、交通誘導中だった伊達市、会社員、男性(48)にぶつかった。男性は左足首の骨を折る重傷。車はそのまま逃走した。県警高速隊はひき逃げ事件として捜査している。

 同隊によると、道路工事のため、3車線のうち登坂車線と走行車線が通行規制中だった。逃走した車は追い越し車線を走行しており、男性は走行車線で車を誘導していたという。