母畑温泉・八幡屋「総合2位」 プロが選ぶ日本のホテル・旅館

 

 旅行新聞社(東京)の第46回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」が11日発表され、八幡屋(石川町・母畑温泉)が総合2位に選ばれた。

 100選は全国の旅行会社約1万5700事業所の投票で選出された。もてなし、料理、施設、企画の各部門の100選と総合順位が設けられている。八幡屋は施設で1位となったほか、企画で2位、もてなしで3位、料理で6位に選ばれた。渡辺武嗣社長(40)は「身に余る光栄。さらに精進していきたい」と話した。

 総合1位は4年連続で加賀屋(石川県・和倉温泉)だった。県内ではこのほか、総合で匠のこころ吉川屋(福島市、穴原温泉)が10位、ホテル華の湯(郡山市、磐梯熱海温泉)が28位、大川荘(会津若松市、芦ノ牧温泉)が42位、庄助の宿瀧の湯(同、東山温泉)が49位、会津芦ノ牧温泉丸峰(同、芦ノ牧温泉)が85位に入った。部門別では吉川屋が料理で3位、もてなしで8位、ホテル華の湯が企画で8位だった。