女性の財布から3万円盗む...陸自郡山の男性陸士長を懲戒免職

 

 陸上自衛隊郡山駐屯地は14日、県外で女性の財布から現金を盗んだ上、無断欠勤したとして東北方面特科連隊の男性陸士長(21)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。

 駐屯地によると、陸士長は11月14日、県外のホテルで一緒にいた女性の財布から現金3万円を盗み、同16~24日の9日間にわたり無断欠勤した。同隊所属の隊員が24日に郡山市内で発見した。「お金に困って盗んだ。発覚が怖くて逃げた」と話しているという。

 東北方面特科連隊長の香川賢士1等陸佐は「二度とこのようなことが起きないように全隊員に対して再指導・再教育を徹底していく」とコメントした。