大波3兄弟を後押し!後援会設立 「福島県全体に応援広げたい」

 
後援会の設立を喜ぶ(左から)作田幹事長、渡辺会長、父政志さん、母文子さん

 福島市出身の3兄弟力士若隆景、若元春、若隆元を応援する後援会「大波3兄弟福島後援会」の設立総会が14日、福島市で開かれた。大相撲史上初となる3兄弟同時関取の実現を目指して3人を後押しするほか、所属する荒汐部屋を支援する。会長には渡辺博美福島商工会議所会頭を選んだ。

 3人との交流会や観戦ツアーの企画に加え、グッズ販売なども展開。今後は会員増強などの活動に取り組んでいくという。設立総会には木幡浩市長らも出席し、渡辺会長は「地域を挙げて応援する。市だけでなく、県全体に応援が広がるよう盛り上げたい」とあいさつした。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3兄弟の出席はかなわなかったが、出席した父の大波政志さんと母文子さんが「3人も後援会の設立を待ち望んでいた。これからさらに稽古に精進して番付を上げてくれるはず」と謝辞を述べた。