トラクター「盗難」南相馬で相次ぐ 4件被害、パトロール強化

 

 南相馬市で9月から今月にかけトラクターの盗難被害が相次いでいる。市によると、16日までに同市で4件の被害が確認された。届け出を受けた南相馬署は窃盗事件として調べている。

 市によると、トラクターの本体価格は約800万~1000万円。本体だけでなく、トラクター後部に取り付けられている取り外し可能なロータリーの部分も盗難被害に遭っている。一部では倉庫の鍵が壊され、盗まれていた。

 市は防災メールなどで注意を呼び掛けている。担当者は「警察と協力し、パトロールを強化する。一部のトラクターにはエンジン起動時のパスワード設定機能があるので、活用してほしい」と語った。