会津地方、警報級「大雪」可能性 今季最強寒気、交通機関乱れ

 
雪が降る中、雪かきに追われる住民=16日午後1時20分、只見町

 今季最強の寒気の影響で、16日は北日本から西日本の日本海側を中心に断続的に雪が降り、県内も会津地方と中通りを中心に雪となった。積雪や路面凍結により交通事故が相次ぎ、鉄道など交通機関に乱れも出た。

 17日は会津地方で警報級の大雪となる可能性があり、福島地方気象台は交通障害や建物被害などに警戒するよう呼び掛けている。

 16日午後4時現在の24時間降雪量は檜枝岐村が52センチ、南会津町南郷が27センチ、金山町が25センチ、会津若松市が20センチ、天栄村湯本が19センチ、福島市が12センチ。檜枝岐村の積雪の深さは85センチに上った。

 会津山沿い70センチ予想

 17日午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで会津の山沿いが70センチで平地が30センチ、中通りの山沿いが30センチ、中通りの平地が15センチとなっている。