会津...連日の「大雪」 檜枝岐128センチ、福島市でも30センチ

 
雪で白く覆われた福島市黒岩の国道4号。ライトをつけた車の列ができた=17日午前7時20分ごろ

 17日の県内は冬型の気圧配置が強まった影響で会津で大雪となり、檜枝岐村や只見町で100センチを超える積雪となったほか、福島市でもまとまった雪が降った。19日に再び冬型の気圧配置が強まる見込みで、福島地方気象台は、会津の山沿いを中心に警報級の大雪になる可能性があるとして交通障害や建物の被害などに注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、低気圧が19日はじめにかけて東北地方を通過する見込みで、その後、東北の上空に強い寒気が流れ込むという。会津の山沿いで18日午後6時までに予想される24時間降雪量は40センチ、その後、19日午後6時までに予想される24時間降雪量は40~60センチ。

 17日午後6時時点の積雪の深さは檜枝岐村が128センチ、只見町が117センチ、南会津町南郷が83センチ。福島市は30センチだった。