「県民割」12月19日から追加販売 新たに2万5000泊分受け付け

 

 県内の旅館・ホテルなどへの宿泊費を1泊1人当たり5000円補助する事業で、県は19日、新たに2万5000泊分の予約受け付けを始める。対象は来年3月30日宿泊分までで、すでに販売中の残り約1万8000泊分も期限を同日まで延長する。

 対象の宿泊施設は約500カ所で、県観光物産交流協会のホームページ「ふくしまの旅」で確認、予約できる。県内の税抜き7000円以上の宿泊について、1泊当たり5000円を値引きする。1回の予約につき3連泊までが値引き対象。ビジネス目的の宿泊は対象外で、国の「Go To トラベル」や市町村の助成制度とは併用できない。

 今回の2万5000泊分は12月補正予算を活用する。宿泊の値引きは9月以降、東北6県と新潟県の宿泊者にも順次対象を拡大したが、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止を受けて今月16日から福島県民限定に戻した。

 問い合わせは県民割専用コールセンター(電話0570・000337、午前9時30分~午後5時30分)へ。29日~1月3日は受け付けを休止する。