磐梯の町道清水平リゾート線が開通 観光道として期待

 
テープカットする佐藤町長(右から4人目)ら

 磐梯町の町道清水平リゾート線が15日、開通した。同町七ツ森の現地で式典が行われ、関係者が観光道路として期待される同町道の完成を祝った。

 同町道は既存の道路を420メートル延長し、町道小柴坂線と猪苗代町を結ぶ約1キロ。ペンションの多い七ツ森地区とアルツ磐梯やメローウッドゴルフクラブなどがある清水平リゾートエリアがつながり、利便性の向上が期待されている。

 式典には関係者9人が出席。佐藤淳一町長が「コロナ禍で低迷している観光産業の活性化や地域振興に貢献してくれることを期待する」とあいさつし、鈴木久一町議会議長や、猪苗代町翁島地区財産区管理者として出席した前後公猪苗代町長らとテープカットした。