「さくらタピオカ」開発、金成さん最優秀 高校生社会貢献活動

 
最優秀賞に輝いた金成さん

 高校生が地域課題の解決に向けた活動を発表する本年度のふくしま高校生社会貢献活動コンテストは19日、福島市で開かれた。富岡町に若者を集めようとタピオカドリンクの商品開発に取り組んだふたば未来3年の金成美怜さん(17)が最優秀賞に輝いた。

 県教委とふくしま学びのネットワークの主催、福島大アドミッションセンターの共催。復興に貢献する人材の育成が狙いで、7回目。予選を通過した11の団体・個人が発表した。

 金成さんは「富岡さくら復興プロジェクト」と題して商品開発を進め、完成させた「さくらタピオカ」は同町のカフェ「CHA茶CHA」の定番メニューとなった。紙ストローなどを使い「脱プラスチック化」にも取り組んだ。金成さんは「開発を続け、地域のために貢献できる人材になりたい」と抱負を語った。