「磐城平城」活用に意見 いわきでフォーラム

 
城を起点とした地域活性化などについて話し合う夏井館長(右)ら

 いわき市の有志でつくる市文化活用実行委員会は19日までに、同市平のいわきPITで「城と城下町フォーラム」を開いた。参加者が先進事例を通じて同市の磐城平城の活用法を考えた。

 小峰城のある白河市と水戸城のある水戸市の職員を講師として招き、城を起点とした地域活性化を学んだ。約30人が参加した。

 白河市職員は、東日本大震災で崩落した石垣の修復の過程や、歴史的な建造物と調和の取れた景観整備などについて紹介した。

その後、市暮らしの伝承郷の夏井芳徳館長を交えて3人でパネル討論を行い、磐城平城の活用の可能性や課題について意見交換した。