ニュースポーツ「キンボール」にトライ! 福島の梅友ミニバスケ

 
キンボールを楽しむ子どもたち

 福島市の梅友ミニバスケットボールチームは13日、同市の福島四小でニュースポーツのキンボール大会を開き、参加した子どもたちが新しいスポーツを楽しんだ。

 キンボールは3チームに分かれて行う球技。攻撃するチームが直径1.2メートルのボールを相手1チームを指名して両手で打ち、指名された守備チームが地面に落とさないようにボールを拾う。ボールを落とすと守備チーム以外の2チームに点が入り、制限時間内で点数を競う。

 チームの小学1~6年生と保護者ら合わせて約30人が参加した。講師を務める斎藤大介さんからルールや面白さを教わりながら、和気あいあいとキンボールを楽しんだ。

 初めてのキンボールに挑戦した女子児童(11)は「みんなで協力するのが楽しかった」と笑顔いっぱいに話した。