内堀知事、休業や時短要請「状況見て検討」 福島市で感染者増

 

 内堀雅雄知事は21日の定例記者会見で、感染者が急増している福島市で飲食店などへの休業や時短営業の要請について「直ちには考えていない」と述べた。ただ「飲食店などでのクラスター(感染者集団)の状況を見ながら市と連携して対応を検討する」とし、今後の要請に含みを持たせた。

 内堀知事は年末年始の帰省について「一律の自粛は申し上げないが、体調に少しでも異常がある場合はやめていただきたい」と述べた。家庭内でのマスク着用など感染防止対策を徹底し「年末年始を静かに過ごしてほしい」とした。また福島市の福島西部病院で発生したクラスターを受け、保健師を21日に6人、22日に7人を新たに派遣すると説明した。