若松で住宅火災、焼け跡から1遺体発見 家人の妻と連絡取れず

 

 22日午後5時5分ごろ、会津若松市、会社員、男性(74)方から出火、木造2階建て1棟を全焼した。焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。74歳男性の妻と連絡が取れなくなっており、会津若松署は遺体が妻とみて身元の確認を急いでいる。

 同署によると、74歳男性は妻と息子の3人暮らし。出火当時、74歳男性と息子は仕事のため外出中だった。同署が原因や焼失面積を調べている。